Blog 家づくりブログ

構造に使う金物

ブログ現場レポート

こんにちは。プイランナーの溝口です。

今日は木造住宅に使う構造金物を紹介したいと思います。

昔の木造建築は、釘や金物を使わずに建てていましたが、
現在は、耐震性を高めるために金物で固定して家を建てて
仕上げます。その耐震性を高めるための金物を構造金物と
呼び、木材と木材を繋ぐ重要な役割を果たしています。


1枚目の写真の下側が片引きボルトと呼ばれるもので柱と
梁(水平方向の木材)を固定するために使用されます。


2枚目の写真は羽子板ボルトと呼ばれるもので、昔の遊び
「羽根突き」に使用している、球を打つ道具「羽子板」の
ような形をしています。羽子板ボルトは、梁と梁を垂直に
固定するために使用されます。


3枚目の写真はアンカーボルトと呼ばれるもので、土台を
固定するために基礎のコンクリートに埋め込んで使用する
金物です。

その他に、かすがい・筋違金物・短冊金物などたくさんの
金物を適材適所に使用しています。

告知はしておりませんが、大塚工務店では事前に連絡して
いただければ、着工中の現場を見学する事が可能ですので
しっかりした構造や金物、そして丁寧な仕事を是非、ご覧
いただければと思います。