facebook

OTSUKA

MENU

BLOG

HOME > BLOG > 現場レポート

現場レポート

2020.04.02現場レポート

工務部の市川です。

米原市内で建築中の現場です。

外部の通気シート(タイペックシルバー)貼りから、外壁のサイディング張りの施工中です。

タイペックシルバーは高密度ポリエチレン不織布タイペックにアルミニウムを蒸着させ、さらに繊維の一本いっぽんに

アルミニウムの劣化を防ぐ抗酸化樹脂コーティングを施した遮熱シートです。

長期使用しても遮熱性、防水性の劣化が少ない強靭な建材です。

遮熱性も高く赤外線の約85%を反射し、夏は涼しく、冬は暖かくし室内を保てます。

素晴らしいですね。

 

通気胴縁を取付後、サイディング張りの作業中です。

サイディングはKMEWのアートウォール仕上げの専用板です。

モルタル壁に比べて約1/2の重さで住宅の躯体にかかる負担を軽減します。

とは言うものの

板の厚みは14㎜、幅910㎜、長さ3,030㎜ 重さが42㎏/枚と

1枚が大変重たいので、2人での作業になります。

来週からは外壁吹付塗装の準備に入っていきます。

ご安全にお願い致します。

 

プランナーへのお問い合わせ、ご相談はこちら

2020.03.30現場レポート

こんにちわ。 工務部の高津です

 

 

皆様もご存じ「にわまどの家」

弊社スタッフが様々な写真をこのブログ等で掲載していますが、

今回はオフショットとし工事中の写真をいくつかご紹介したいと思います。

 

まずは上棟の時です。

 

 

天候は小雨が降っていたのですが、午後からは雨もやみ

画像ではわかりにくいですが虹がきれいにかかっていたので思わずパシャリ

 

次は大工さんが引き込み戸を造作されているところです。

 

 

工事期間中は慎重な作業が続き大変だったと思いますが、本当にいいものを作っていただきました

 

最後は、軒天部分の作業をしているときに見つけたものです。

 

 

垂木からのアブラがきれいに雨粒のようなかたちになっていました

工事とはまったく関係ありませんが、なんだか癒されたので(笑)

 

 

すでに見学していただいた方もおられます「にわまどの家」

自分も本当に良い家ができたと自信をもって言えますので

皆様ぜひ一度、この空間を楽しみに来て下さい。

(詳細につきましては、前回の栗田さんのブログをごらんください!)

 

 

プランナーへのお問い合わせ、ご相談はこちら

2020.03.10現場レポート

こんにちは。

工務部 市川です。

先日の3月7日(土)に米原市内の現場で棟上げを行いました。

とても天気も良く、最高の建て方日和でした。

作業も順調に進みました。

お昼前には棟木を取付けることが出来ました。

無事に棟板も取付完了です!

屋根のルーフィングの施工まで終わり、建て方無事に終了です。

みなさん、朝早くからご苦労様でした。

事故、ケガなく無事に作業が終わり一安心です。

明日からも安全第一でお願い致します。

 

 

 

プランナーへのお問い合わせ、ご相談はこちら

2020.02.21現場レポート

大塚工務店では、学校や工場などの大型建築も行っています。

 

昨年の10月ごろから取り掛かった工事も、もう大詰めです

現場が現場だけに、安全確保などにも充分に時間をかけています

 

工事の着工前に校長先生にご挨拶させていただいたときには、

「生徒たちも完成を楽しみにしています、と楽しそうに語ってくださっていました」

その表情がすごく印象的でした。

 

 

掲げられた現場の安全看板

皆様ご安全に!

 

 

↑数ヶ月前の状態から↑

 

 

↑足場もとれてすっきりした印象↑

手前の階段もこの数日で取り付けられ、この日は階段部の塗装作業をされていました

 

もうすぐ完成です。

それでは!

 

プランナーへのお問い合わせ、ご相談はこちら

2020.02.17現場レポート

工務部の市川です。

長浜市の工事終盤の現場です。

玄関タイル貼りと内装タイル貼りの施工中です。

玄関タイルはLIXILタイルのカリッサNo2です。

外壁の色合いととてもマッチして、良い感じです。

目地にもセメントを詰めて、その後拭き取って完了です。

 

 

LDKの壁にアクセントで大理石調のタイル貼りの施工中です。

タイル1枚1枚が異なる柄をもち、高級感が出てとても良い感じです。

今は、色々な種類のタイルがありますので、ワンポイントにいかがでしょうか。

 

 

 

プランナーへのお問い合わせ、ご相談はこちら

2020.01.23現場レポート

こんにちは。

工務部の市川です。

長浜市内の現場で外壁吹付塗装中です。

エスケー化研㈱ ベルアートのパターンはトラバーチン柄です。

とても人気のあるパターンです。

 

 

下塗りを入念にさせて頂き、続けてガンで凹凸状に吹付し、その後コテでパターン付けの作業中です。

 

 

 

パターンによって意匠性が全く変わり、面白い仕上げ材です。

一から職人さんが手作業で模様を作っていくので、職人さんの技術によって仕上り度合いが変わってきます。

 

西面外観

 

東面外観

 

南面外観

 

近日、外部足場の解体も予定しておりますので、解体後をお楽しみに!

 

ベルアートは塗装とは思えないような、豪華で素晴らしい仕上がりを作れます。

また、弾性塗料でゴムの様に伸びる塗膜ですので雨水の浸入も防ぎ、ひび割れ等にも追従し建物をしっかりと守ります。

さらに、汚れが付きにくい塗膜でもあり、外壁に付着する独特の汚れを排除し、防カビ・防藻性もあります。

良い事ばかりですが…

外壁材をお悩みの方など、一度検討されてはいかがでしょうか。

私もとてもお気に入りで、お薦めの外壁材のひとつです。

 

それではまた…

プランナーへのお問い合わせ、ご相談はこちら