facebook

OTSUKA

MENU

INFORMATION

HOME > INFORMATION > INFORMATION > 家づくりコラム-08 日本の気候風土×乾燥“天然無垢材”

  • 2014.02.06
  • INFORMATION
  • お知らせ

家づくりコラム-08 日本の気候風土×乾燥“天然無垢材”

  • 2014.02.06
  • INFORMATION
  • お知らせ

家づくりコラム-08 日本の気候風土×乾燥“天然無垢材”

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日本の気候風土×乾燥“天然無垢材”

 

 

OTSUKAの家では、土台に”樹齢1000年クラスの北米産ヒバの無垢材”を使用しています。

寒い地域で育ったヒバは年輪が詰んでおり(1cmに30以上の年輪)硬いので、強度を要求される土台には最も適しているといえます。

 

taiko

 

また、ヒバ材には”ヒノキチオール”という成分が多量に含まれており、抗菌効果が高く、腐りにくい樹種です。

これを新潟工場の木材乾燥機「ドライランバー」(特許取得 特許第3315963)で含水率15%以下まで乾燥させています。

含水率の高い未乾燥材と比べると、含水率20%以下の乾燥材は2.5倍の強度を誇ります。

 

1dry2

 

参考までに、「木材強度と含水率の関係」について簡単に説明します。

木材は乾燥に伴い強度を増します。

下のグラフからもわかるように、含水率10%の木材は含水率40%の木材に対して、曲げ強度、圧縮強度ともに約2倍となります。

 

gra

乾燥と換気が不十分だと築10年以内でも壁内にカビが繁殖したり、土台や柱に腐食が始まることがあります。

いくら購入時の価格が安くても、何年もしないうちに構造材の手入れが必要となるようでは、かえって不経済な家となります。

新築戸建ての際は高温多湿の気候に合わせた施工が肝心です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

家づくりコラム-01  建材に無垢を使う

 

家づくりコラム-02  土台に使うヒバの効果

 

家づくりコラム-03 アトピーの予防、改善は住まいから ~シックハウスとの関係~

 

家づくりコラム-04 アトピーから守ってくれる住宅

 

家づくりコラム-05 子育て女性の8割が木の家を求める

 

家づくりコラム-06 床下の換気を実験!

 

家づくりコラム-07 アトピー・ぜんそくの悩みから解放されたお客様の声

 

家づくりコラム-08 日本の気候風土×乾燥“天然無垢材”

 

家づくりコラム-09 無垢材を使いこなそう!

 

家づくりコラム-10 収納スペースには桐を使用!桐の調湿・抗菌効果

 

家づくりコラム-11 無垢材の魅力

 

家づくりコラム-12 子どもたちの未来に恐ろしい影響が!!

 

家づくりコラム-13 新築なみに費用がかかったリフォーム

RECENT POST

講演会のお知らせ
  • 2017.10.17
講演会のお知らせ

平成29年10月27日(金)17時30分 北ビワコホテルグラツィエ2階ホー

9/23(土)・9/24(日)完成見学会開催
  • 2017.09.19
9/23(土)・9/24(日)完成見学会開催

日時:9月23日(土)、9月24日(日) 10:00~17:00 場所

2017年9月10日 太鼓判の家秋まつり開催
  • 2017.08.22
2017年9月10日 太鼓判の家秋まつり開催

日時:9月10日11:00~3:00 場所㈱大塚工務店 駐車場 長浜