facebook

OTSUKA

MENU

INFORMATION

HOME > INFORMATION > INFORMATION > 家づくりコラム-10 収納スペースには桐を使用!桐の調湿・抗菌効果

  • 2014.02.17
  • INFORMATION
  • お知らせ

家づくりコラム-10 収納スペースには桐を使用!桐の調湿・抗菌効果

  • 2014.02.17
  • INFORMATION
  • お知らせ

家づくりコラム-10 収納スペースには桐を使用!桐の調湿・抗菌効果

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 収納スペースには桐を使用!桐の調湿・抗菌効果

 

日本は高温多湿。

油断していると家具の隙間、壁や押入れにカビが発生する事があります。

 

カビは温度が20度以上、湿度が70%以上の環境を好み、日本の梅雨はまさしくカビの繁殖期と言えます。

カビは見た目が汚いだけでなく、空気中に胞子を撒き散らしてどこにでも発生してしまうのです。

 

しかもカビはアレルギー因子のひとつとされていて、アトピーの原因となる恐れがあります。

住まいがシックハウスになっては大変!

ただのカビと思わず、普段からカビ対策をしっかり行うのが肝心です。

 

対策には除湿はもちろんのこと、カビは細菌の一種なので抗菌作用も必要となります。

除湿剤や防カビ剤は多々ありますが、最近は「植物成分が入って抗菌!」といった具合に自然由来の物が注目されるようになってきました。

 

住まいに使う木もその一つです。

木は種類によって様々な性質を持っていますが、住宅内で湿気の多い箇所に効果的な材料を使う事によってその実力を発揮します。

湿気に対応力のある木とはずばり、「桐」です。

 

桐には湿度を一定に保とうとする性質があり、湿度の高い日本では古くから大切な着物や掛け軸等の収納に使われてきました。

住宅の材料になっても効果を発揮しますので、桐材を使って収納や押入れ、床や壁などに用いると住空間の湿度を快適に保ってくれます。

 

1

〈桐のウォークインクローゼット〉

 

 

そして桐にはタンニン、パウロニン、セサミンという成分が含まれていてこれらが抗菌効果のみならず、防腐・防虫効果を発揮します。

吸湿とのダブルパワーでカビの発生を防ぎ、清潔な環境を生み出してくれるのです。

 

ちなみに桐は「木」に「同じ」と書きますが実は木ではありません。

「ゴマノハグサ科」に属しています。

触ってみると他の木と違うような感じがするのはそのためだったのですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

家づくりコラム-01  建材に無垢を使う

 

家づくりコラム-02  土台に使うヒバの効果

 

家づくりコラム-03 アトピーの予防、改善は住まいから ~シックハウスとの関係~

 

家づくりコラム-04 アトピーから守ってくれる住宅

 

家づくりコラム-05 子育て女性の8割が木の家を求める

 

家づくりコラム-06 床下の換気を実験!

 

家づくりコラム-07 アトピー・ぜんそくの悩みから解放されたお客様の声

 

家づくりコラム-08 日本の気候風土×乾燥“天然無垢材”

 

家づくりコラム-09 無垢材を使いこなそう!

 

家づくりコラム-10 収納スペースには桐を使用!桐の調湿・抗菌効果

 

家づくりコラム-11 無垢材の魅力

 

家づくりコラム-12 子どもたちの未来に恐ろしい影響が!!

 

家づくりコラム-13 新築なみに費用がかかったリフォーム

RECENT POST

講演会のお知らせ
  • 2017.10.17
講演会のお知らせ

平成29年10月27日(金)17時30分 北ビワコホテルグラツィエ2階ホー

9/23(土)・9/24(日)完成見学会開催
  • 2017.09.19
9/23(土)・9/24(日)完成見学会開催

日時:9月23日(土)、9月24日(日) 10:00~17:00 場所

2017年9月10日 太鼓判の家秋まつり開催
  • 2017.08.22
2017年9月10日 太鼓判の家秋まつり開催

日時:9月10日11:00~3:00 場所㈱大塚工務店 駐車場 長浜